【突撃レポート】アルテオンRラインの納車に突撃してきました!

Car

 

全国のフォルクスワーゲン好きな皆様こんにちは。

けんころ@ティグアンTDIブラックスタイル乗りです。

 

以前、僕は、ティグアンTDI Rラインブラックスタイルのディープブラックパールエフェクト車の納車に突撃させていただいたことがありました。(オーナーのta10616さん、その節は本当にありがとうございました!)

111 Followers, 139 Following, 136 Posts - See Instagram phot…

その時の記事は↓こちら。

フォルクスワーゲン好きのクルマ好き。

ティグアンTDI ブラックスタイルの黒に乗り換えたオーナーさんの納車日に凸撃してきました!2台いや、3台ティグアンを並べ…

 

 

そして今回は、去年の2月頃から僕のブログを読んでコメントを残してくれていたティグアン ディナウディオ エディション乗りのKCNさんから、

 

「実はアルテオンに乗り換える事になりました!」

 

と仰天のお知らせをいただきました(*_*)

 

その後、色々とお話をしているとKCNさんから、「ディナウディオエディションの聴き比べに納車にお立ち会いされますか?」とお誘いをいただいてしまったので、ちゃっかりとまたもや、納車に突撃させていただきました!

ちなみにKCNさんのインスタはこちらです。

23 Followers, 47 Following, 60 Posts - See Instagram photos …

 

 

 

さて、まず納車の前にKCNさんと合流です。

 

KCNさんの計らいで、現在乗ってらっしゃるティグアン ディナウディオ エディションの音質をまずはチェックしようということになりました。

 

というわけで、全国限定150台のティグアン ディナウディオ エディションのインジウムグレーメタリックと、全国限定150台のティグアンTDI Rラインブラックスタイルのオリックスホワイトマザーオブパールエフェクトの貴重な2ショットです(^o^)

 

いきますよーーー!

 

 

 

はいっ、ドドーン!!

 

 

 

おおおお、、、、ええですねぇ、、、、。自分でいうのもなんですが、限定車が2台そろうのも珍しいですからね。

 

ちなみにこのインジウムグレーメタリックって、前に展示車両で見かけたことがあります。そのときのレポートは↓こちら。

フォルクスワーゲン好きのクルマ好き。

ティグアン DYNAUDIO Editionを見に行ってきました!Dynauidoはやっぱりいい音ですよー…

 

このティグアン ディナウディオ エディションを実際に外で見るのは初めてだったのですが、渋くてホントにステキな良い色ですねぇ。筋肉質なティグアンのボディによく似合う色です。

 

 

やっぱり、ボディカラーが濃いほうがボディのラインがより強調されるのと、プレスラインの陰影がよく現れるのでより引き締まって見えますよね。

奥にある僕のブラックスタイルは白なので、そのへんが少しぼやけて見える分、車が大きく感じますね。

 

 

横から一枚。

 

いいですよねぇ・・・。

なんでもちょうど1年前、2018年2月に購入されたとのことで、もう手放してしまうなんてとてももったいないですねぇ(笑)
きっと近日中にフォルクスワーゲン草加店の認定中古車コーナーに並ぶことでしょうから、気になっているかたはぜひお早めにフォルクスワーゲン草加店へご連絡ください(^o^)

 

 

しかし、フォルクスワーゲン草加店にもフォルクスワーゲン相模原橋本店の敏腕営業N氏のような、敏腕営業マンがいらっしゃるのでしょう。。。

ティグアン限定車に乗っている人に、パサートオールトラックを売るふりして、アルテオンに導くあたり素晴らしい腕前です。。。。

 

 

続いてホイールはDYNAUDIO EDITION専用の19インチホイールに235/50/19のピレリスコーピオンタイヤです。この組み合わせは、ハイラインの19インチホイール+タイヤと同じ_ね。以前ディーラーで見たときの展示車両も同じタイヤだったので、インジウムグレーメタリックの生産は150台まとめて1つの工場だったのかもしれないですね。

しかし、よく見たら、このホイールをピアノブラックに塗装してスタッドレス用にしたら、きっと、かっこいいのでは・・・。

 

 

リア周りは大きく違う箇所はありません。僕もお気に入りのリアバンパープレートが装着されていました!
そして、TSIのエンブレムはないモデルになるんですね。

 

 

さてさて、続いてお待ちかねのディナウディオの音質チェックタイムです!

たまたまというか、僕が長年ファンクラブにも入っているアーティスト、Superflyのアルバムが用意されていたので、聞き慣れた音楽を参考に音質をチェックさせてもらいました。

 

ディナウディオの音響がインストールされている場合、ディスカバープロにその設定を管理する画面が出てきます。

例えば、運転席一人で音楽を聞く場合、助手席の場合、前後の場合、などとその人に向けた最適のバランスを選択できるほか、ノーマルのディスカバープロでは変更できない環境設定が色々と組み込まれていて、自分に合った音質を選択できます。

 

 

 

 

ディナウディオエディションは、ダッシュボード上の小物入れがスピーカーに変わります。

 

スピーカーの数こそ、純正とさほど変わりませんが、スピーカーに貼られたこの小さなエンブレムがオーナー心をくすぐりますよねぇ〜。
ちなみにDYNAUDIOの「U」の文字の上部が2本飛び出してるんですが、これを見るたびに「うさぎ」の耳を思い浮かべてしまいます。

うさぎ→耳→オーディオ みたいな連想なのでしょうか。よく知りませんが・・・^^;

 

内装もオレンジがビビットですねぇ。。。

ちなみに、ティグアンブラックスタイルおよびマイナーアップデート後は、このドアグリップ下部のシルバーのパーツがブラックになったり、ハザードスイッチのシルバーメッキがなくなったり、ちょいちょいと細かな変更がでております。新旧オーナーさんなら二台並べて比較すると楽しいかもしれないですよ!

 

ディナウディオエディションの場合、 ラゲッジルーム内のスペアタイアの中央には大きめのサブウーハーが装着されています。これのおかげで、ノーマルのディスカバープロで再生したときよりも遥かに低音が強調され、またディナウディオならではの高温域の音の良さと相まって、非常に良い音質で楽曲を楽しむことができました。

 

いやー、これ売っちゃうの?もったいなーい!と密かに思ったのですが、ディナウディオの音質にすっかりハマってしまったKCNさんは、次に納車されるアルテオンにもオプションで装着されていたので、取り越し苦労でしたね(汗)

 

 

そんなこんなで、ティグアン ディナウディオエディションの音響チェックができたところで、早速ディーラーへ向かいます。

 

 

何気にこれが、最後のティグアンドライブなんですよね~。それにしてもティグアンの後ろ姿のかっこいいことかっこいいこと・・・。

後ろ姿だけでなく、テールランプとかブレーキランプの光り方とかも好きなんですよねぇ・・・。まぁ、欲を言えば、前後のウインカーが流れてくれたら最高だったのですが・・・・。

 

 

というわけで、今回はいつものフォルクスワーゲン相模原橋本店ではなく、フォルクスワーゲン草加店にはじめてお邪魔しました。

 

フォルクスワーゲン草加店は、埼玉トヨペットが運営しており、ここ草加にできて10年以上になるそうです。

最近リニューアルしたフォルクスワーゲン相模原橋本店とデザインは同じですが、室内も広く、展示スペースもたくさんあり、違った趣があってディーラー巡りも楽しいですね(^o^)

 

全国・・・いや、とりあえず神奈川のフォルクスワーゲンディーラー巡って、ディーラー紹介とかやったら楽しそうだなぁ。

何の特にもならなそうだけど、もし、ご興味あるディーラーの方見ていらっしゃいましたらご一報ください。ブログで紹介いたします^^;

 

 

そして、奥の納車スペースには、、、、

 

 

いましたっ!!!オリックスホワイトのアルテオンが!!!!

 

いやー、後ろ姿がセクシーです。たまりません。僕の愛車ではないですが・・・。

 

 

その後、オーナーでもないのに、鍵、保証書、説明書、保険などの引き渡し時にちゃっかり横に座って、ふむふむなんて聞かせてもらいました(^_^;)

 

 

さて、いよいよアルテオン引き渡しです!!

と思ったら、駐車場に並べていたティグアン2台の横にアルテオン持ってきますか?と草加店の敏腕営業S氏の粋な発言!

 

 

そしてササッと車を移動してきて3台ならべた様子がこちらです!!!

 

 

いやーーー、どうですか!奥さん!かっこいいでしょう!

これが男のロマンというものです!理解してもらえないかも知れないですね!

 

 

 

 

KCNさんが、営業さんから色々と引き渡しについての説明を受けている間、一人でパシャパシャと写真を撮ってました。

 

いやーそれにしてもアルテオンのイケメンぶりときたらたまりません。

「この目がたまらんっ」・・・って昔CMにありましたね。

 

唯一残念なのは、この欧州ナンバー用にあうようにデザインされたフロントバンパーですね。

せっかくだったら日本のナンバー向けにちゃんとグリルが合う形にしてほしかった。。。。

 

ホイールは20インチです。でっかいですねぇ。そしてこのタービンみたいなデザインのホイールもカッコいい!!!

ただ、ホイールの中心は手が入らなくて洗いづらそうですね^^;

 

 

このグラマラスなデザイン。。。

とてもフォルクスワーゲン車とは思えません。

 

ティグアン、アルテオンともに、駐車ブロックにリアタイヤがあたるまで下げてみたところ、フロントは同じぐらいになりました。

 

ただ、全長が約40cmも長いアルテオン。並べてリアを比較してみると確かに長いですねぇ。ティグアンはSUVですから前後のオーバーハングってかなり短いのですが、アルテオンはやはりリアが長いですね。この長さの分、ラゲッジスペースにも余裕があるのでゴルフバッグをゆったりと積むのであれば、アルテオンのほうが良いと思いました。

 

この角度から見るとアルテオンのリアまわりの長さがよくわかりますね。

あ、、、ちょっと縁石までタイヤがあたってなかったですね、失礼しました^^;

 

 

リア周り、何度見てもカッコいいです。たまりません。このトランクに生えた小さなリップスポイラーも僕好み。ウインカーは流れるし、車名のエンブレムの付け方もカッコいい。あー、カッコいいしか出てきません。

 

斜め前からもイケメン。。。

 

 

こっちからもいいですねぇ。やっぱり僕はホワイトの車が好きです。

 

 

そして室内には、KCNさん自慢のディナウディオですよ、奥さん。。。。

そして音質はね、ティグアンのディナウディオエディションよりも、スピーカー数も多い分、めっちゃ良かったです。。。。

あー、これで音楽聴きながら、280馬力を4MOTIONで発揮したら楽しいだろうなぁ・・・。

 

ティグアン同様、ラゲッジスペース内にはサブウーファーが装着されています。ただ、ティグアンと違うのはスペアタイヤがないことですね。

 

そしてね、リアシートも広いんですわ。。。これがまた。。。

大人4人でゴルフに行くときなんてリアシートはめっちゃ快適ですよ、これ。

 

 

ティグアンに比べると全高が低くなったので、助手席から見える景色がこれだけ違います。ティグアンのドアハンドルぐらいに目線が来る感じでしょうか。シートも深めにゆったり座るので、思った以上に目線が下がりました。

 

 

なにより立ち振舞がカッコいいアルテオンですが、僕の大好きなサンルーフもついていました。

 

あーーー、サンルーフいいなぁ・・・いいなぁ・・・・いいなぁ・・・。

 

ただ、サンルーフ開けてみて思ったのですが、これ、ちゃんと閉まってるかのサインとか室内でわかるのかなー。わからないで開けっ放しにして雨ざーざーとかありえそうだなーと思いました(^_^;)

 

 

最後に、敏腕営業S氏に、アルテオン、KCNさん、ティグアンディナウディオエディション、僕、ティグアン TDIブラックスタイルと勢揃いさせて記念撮影を撮ってもらいました!

 

 

いやー、短い時間でしたけれど、自分の納車みたいでとても楽しむことができました。そんな機会を作ってくれたKCNさんに感謝感謝です!

 

ティグアンに乗ることになって、そのことをブログに書き始めたら、色々な人と出会いやつながりが出てきて、人生何が起こるかわからないなと感じています。

 

こうやって本名も知らない(実際には名刺交換したので最後に知りましたが(笑))方の新車の納車に立ち会わせてもらうとか、普通だったらできない経験ですよね?

 

車好きは、お金がかかるだけでもったいない!

 

なんて話もよく聞きますし、確かにそうだと思います。

 

 

でも、お金だけでは測れないこういった出会いとかあるから、楽しいんですよね。

 

 

これを見て、フォルクスワーゲン車に乗り換えたくなった、そこのあなた!

納車の際にはご連絡ください、僕がかけつけさせていただきます^m^

 

 

というわけで、KCNさん、これからも楽しいフォルクスワーゲンライフを満喫しましょう!

 

 

 

別れ際に撮ったアルテオン。

リアのね、ハイマウントストップランプの位置と光り方がエモいんですよ・・・。これわかってくれる人いますかねー^^;

 

フォルクスワーゲン乗りはぜひフォローを!