【突撃レポート】ティグアンTDIブラックスタイルの納車に突撃してきました!

Car

全国のフォルクスワーゲンファンの皆様、こんばんは。

けんころ@ティグアンTDIブラックスタイル乗りです。

 

僕の乗るティグアンTDI Rラインのブラックスタイルは、全国限定450台の車です。

 

オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(白)が150台、ディープブラックパールエフェクト(黒)が300台という内訳なのですが、僕がお世話になっているフォルクスワーゲン相模原橋本店の敏腕営業N氏は、そのうちの白1台、黒2台を売り切ったという敏腕営業っぷりをアピールしているわけで、さすがはN氏!なのです。

 

で、

 

実は、そのうちの2台が僕と今日納車日を迎えたオーナーさんなのですが、そのオーナーさんは、

・僕のインスタのフォロワーさんだった。
・N氏と10年近いお付き合いがある
・オーナーさんのお父さんをはじめとする家族ぐるみでN氏とお付き合いがある
・ティグアンTDI Rラインブラックスタイルに乗り換えた(僕と同じ)
・ティグアンTSIのRラインからの乗り換えだった(僕と同じ)

と、色々と共通点というか身近に感じる点がたくさんあり、インスタでお話したところ、「納車日に一緒に写真撮りましょう!」と快諾してくださったので、大切な納車日に突撃をしてきました。

 

早速ですが、ティグアンTDI Rライン ブラックスタイルの黒を突撃してきましたので写真多めでいきます!

 

ディープブラックパールエフェクトのブラックスタイルどーーーーーーん!

はい!カッコいい!間違いありません。

そもそも、ティグアンTDIの限定車ブラックスタイルは、フロントグリル、フロントバンパー、ドアミラーハウジング、ルーフレール、ウインドウフレーム、サイドストリップなどの各種パーツがブラックアウトされた限定車なので、ディープブラックパールエフェクトになると、フロントグリルの一部以外はすべて真っ黒という、今までのフォルクスワーゲン車にはなかった限定車なのです!

 

なので、フロントは一部シルバーメッキがありますが、それ以外はほぼブラックです。超かっこいいです。

 

ウインドウフレームやルーフレールがブラックということは、輸入車オーナーの大きな悩みの一つである、「白濁した汚れ」の心配がありません!素晴らしい!!

 

ディープブラックパールエフェクトのボディーカラーは、僕もゴルフヴァリアントのとき2台乗り継いだのですが、良い色なんですよねー。メタリックも入っているからキラキラしているし、ピカッと磨き上げると深みのあるブラックはすごく高級感があって車を引き立てるんです。

 

あ、そうそう。先日の僕の車の納車のときもそうでしたが、フォルクスワーゲン相模原橋本店の納車時のタイヤワックスは、割とギトギト感の強いものが採用されてます(笑)

 

 

サイドストリップはブラックになっているのですが、ボディーカラーと一つになって目立たず、それでいて高級感もあってとてもカッコいいです。

 

ウインドウフレームも真っ黒。これはこれでステキ。質感はちょっとゴムっぽい艶消しです。

 

ディープブラックパールエフェクトはカッコいいのですが、僕程度の写真の技術だとうまく撮れません^^;

でもプレスの効いたティグアンのボディラインがキレイに見えてますよね。ほんと良い色です。僕も大好きな色です。

 

リア周りは、リヤストリップもシルバーメッキからブラック化されているため、VWのマークと車名バッジ以外は真っ黒です。黒好きにはたまらない車ですよね!

 

こんな具合にまっくろくろすけです。僕の車じゃない上に、オーナーさんの納車日に納車コーナーでバシバシと写真を撮らせてもらえるというのは、ホントにオーナーさんに感謝です!(^o^)

ちなみにこのブラックスタイルも4MOTIONバッジしかありません。2.0TDIのバッジは後日取り付けになるそうです。

 

このドアミラーハウジングもブラックになっている部分なのですが、ディープブラックパールエフェクトになると普通に黒くなってしまいますね。ちょっと限定感が薄れてしまっているのが残念。でもちらっと見える、リアホイールがブラックになっているのが限定車の証なんですよね!

 

装着されていたタイヤは、僕のティグアンのコンチネンタルとは違い、ピレリが装着されていました。ピレリのスコーピオンを見たのは2回目で、ティグアンTSI Rラインの試乗車に装着されていました。オーナーさんの話によると、生産週によってコンチネンタルやピレリとタイヤの種類が変わるそうです。ただ、生産は同じドイツなんですけどね。厳密にいうと性能や値段も違ったりするのかなー。

しかし、限定ではないRラインと同じデザインのホイールですが、ブラックスタイルのブラック塗装されたホイールはめちゃくちゃカッコいいです。

ただ、ちょっぴり洗車しづらい面もあったりします^^;

 

 

ちなみにオーナーさんが以前乗っていたのがこちらの、ティグアンTSI Rラインです。僕も前に乗っていたのと色違いです。

 

ちなみに僕が以前乗っていたティグアンTSI Rラインはこちら。ホイールがブラックじゃないだけでずいぶんと印象が変わりますね。

 

 

というわけで、

 

 

・ティグアンTDI Rライン ブラックスタイル(黒)
・ティグアンTDI Rライン ブラックスタイル(白)
・ティグアンTSI Rライン(黒)

を3台並べさせてもらったのがこちらの写真です!!!

 

ドドドーーーーーん!!

 

はい、カッコいい!!!フロントグリルの二段のシルバーメッキの上段がブラックになっているのがブラックスタイルです。

 

ちょっと角度を変えてもう一枚です!
いいですねー。みなイケメンです。ティグアンってホントイケメンですよね。そういえば車両価格だけで考えたらこの3台だけでメルセデスSクラスのいいモデルが変わるぐらいになりますね^^;

 

続いてはブラックスタイル2台だけのツーショットです!!!白もいいけど、黒もいい!

ていうかどちらの色もイイ!

 

こんどは白側から。

現行のティグアンの一番好きなところって実はライトなんですよね。個人的に。

このライトのDRLのデザインを考えたデザイナーは天才だと思います。アルテオンやパサートはDRLがライトの下側につくんですが、ティグアンは上側が光ります。その光り方が秀逸なので、現行ティグアンに乗っている方は、「コードテックさんのPLUG DRL!を使ってDRLをONにすること」をぜひともオススメします。

 

 

次はリアから。お尻もセクシーですねー。ブラックスタイルはフロントよりリアは変化が少ないので、かなりの車好きでなければ、町中で走行していても気づかないかもしれませんね。

 

 

納車されたオーナーさんには申し訳ないですが、個人的な好みでいったら、僕のブラックスタイルの白が一番です^^;

 

 

ティグアンTDI ブラックスタイルの白と黒の比較。

 

 

タイヤホイール比べっ子。

4WDだし、このタイヤがどの程度持つのかが気になるところ。

クリーンディーゼルTDIになると、燃費が20km近くまで伸びるので色々なところに行きたくなってしまうので、早いタイミングでもタイヤ交換とかは、できるだけ避けたいですねー(日曜昼間の各地渋滞を考慮)

 

 

前から比較するとRラインバンパーのブラック部分がどうなっているのかがよく分かりますね。

とはいえこの角度からだとブラックスタイルだと判別するのは難しいですね!

 

最後に敏腕営業N氏に、変態二人のツーショットを撮ってもらいました!

右が僕で、左が今日納車のオーナーさんです!

僕もこうやって別の方の納車日に押しかけて、同じ限定車の写真を撮らせてもらうのははじめての体験だったんですが、インスタやSNSでつながっているとこういう形での出会いがあっていいですよね!

 

 

オーナーさんもとてもステキで気さくな方で、色々と情報交換できて楽しかったです(^o^)

オーナさんもフォルクスワーゲンオーナーとこうやって情報交換するのは初めてということで、楽しんでいただけたようなので、押しかけた甲斐があって安心しました。

 

先日、ティグアンオーナー3人で集まったと言う話をブログに書きましたが、その後、インスタやツイッターで、「次回やるときは参加してみたいです!」という声を沢山いただきましたし、今日のオーナーさんも同様に言ってくださったので、また雪が降る前にどこかに集まれたらいいなーと考えています!

 

その際は、SNSを使って事前に告知して実行したいと思いますので、全国野フォルクスワーゲン・ティグアン乗りの方はぜひぜひご参加いただければと思います(^o^)

 

いやー、しかし本当にクルマって楽しいですよね!

フォルクスワーゲン乗りはぜひフォローを!