【試乗記】ポロRラインを試乗してきました!

Car

 

全国のフォルクスワーゲンファンのみなさま、こんにちは。

けんころ@ティグアンTDIブラックスタイル乗りです。

 

先日、フォルクスワーゲン相模原橋本店の敏腕営業N氏よりLINEが届きました。

 

 

 

敏腕営業N氏
お待たせしておりました!ポロRラインの試乗車の準備ができましたので、ぜひいらしてください!
けんころ
ご連絡ありがとうございます!!やっと試乗車来ましたね!楽しみです!
実は、ポロRラインには新しいエンジン1.5TSI EVOが搭載されていたので、以前から気になっていたので試乗車をお願いしていたのです!
それを早々に叶えてくれるN氏、さすがです\(^o^)/

というわけで、早速フォルクスワーゲン相模原橋本店に行ってポロRラインを見てきましたのでレビューをお届けします!

 

 

 

 

 

準備はいいですか?

ポロRライン。

 

 

 

あれ、、、

 

 

 

そういえば、先日フォルクスワーゲン草加店で外装のレビューはしていましたね。。。

 

 

 

 

まぁ、いいや。

 

 

 

 

気を取り直してポロRラインいきましょう!

 

 

 

 

どどんっ!

はい、、、すみません。これフォルクスワーゲン草加店の車両です。外装編のレビューは↓からご覧ください^^;
フォルクスワーゲン好きのクルマ好き。

フォルクスワーゲン草加店で、新型ポロTSI Rラインを見てきました!GTIよりもRラインのほうがカッコいい?なんて声も聞…

というわけで草加店では見れなかった内装編をレビューします

 

さて、外装編はお楽しみいただけましたでしょうか?

相模原橋本店では室内編を中心にお届けします。まずはドアパネルです。ゴルフより、よりシンプルなデザインと質感になりましたね。シルバーメッキパーツも少なめですし、スピーカーも1つしかついていません。

 

 

シートは、チタンブラック/リーフブルーのコンビネーションシートです。

 

ハンドルはゴルフハイラインやアルテオンエレガンス、ティグアンハイラインと同じハンドルです。

 

アクティブインフォディスプレイは、このポロから新しいタイプに変わりました。ちょっとアウディっぽい感じですかね。左側に水温、右側にガソリン量があり、中心が古デジタルメーターになっています。

 

 

シフトノブ周りは大きな違いは見られませんでした。エンジンスターターボタンがゴルフとかに比べると一回り小さいですね。小物入れの奥にはUSBポートが2個見えます。その下は、オプションでワイヤレスチャージングQiに対応したスマートフォンワイヤレスチャージングがつきます。

 

デジタルメーターとインフォテイメントディスプレイを同じ高さにした結果、エアコンの吹出口はディスカバープロの画面の下に移動されています。このほうがナビも見やすいし、エアコンの風も顔に直接当たらない位置だし、良さそうですね。

 

ティグアンやゴルフと同じ名前のディスカバープロが装着されていますが、ポロはサイズが少し小さい8インチタイプが装着されれています。ただ、ハザードスイッチからディスカバープロ、メーターへとと横並びにしているのと、ピアノブラックで統一されたデザインは一体感があった良いですね。本国で発売されているトゥアレグもこれに似たようなデザインになっていましたので、新しいゴルフなんかも採用してくるかもしれないですね。

 

 

ティグアンRラインは天井の内装がブラックになっていますが、ポロRラインは他のグレードと同じなんですね。

 

グローブボックス内部は、ETC、DVD等メディア、SDカードスロットなどがあります。起毛にはなっていませんでしたね。

 

 

デコラティブパネルは、ディープアイアンという色のようです。パールがきれいに入って良い色ですね。

 

ポロRラインはフロントグリルにお馴染みのRLineエンブレムがつきます。後ろに見えている赤いのはポロGTIなんですが、フロントのバンパーを比較してみると、デザインが一緒なんですね。知りませんでした。

 

こちらがポロGTIのフロントバンパーです。違うのはハニカムメッシュになっているところですね。このデザインはザ・GTIという感じがしますよね。

 

この贅沢な2台の乗り比べをするのです。。。うひひ。

 

 

ポロRライン試乗レビュー!

 

まずエンジンスタートすると、アクティブインフォディスプレイが↓のようになります。中央にナビ画面を表示するための準備中ですが、メーターは表示されていますね。従来のアクティブインフォディスプレイのメーターデザインと違って、これはカッコいいです。特に回転計の針の下側がブルーのグラデーションになっているのが分かりますか?回転があがると針の下にこのグラデーションが表示されていくので見た目的にもすごく美しくかっこよかったです。

 

これがナビ画面が立ち上がった状態です。写真では分かりにくいですが、ナビ画面の解像度がちょっと合ってない感じがしました。拡大縮小はできるんですが、ちょっとフォントがぼやけているみたいな感じですね。

 

ナビゲーションモードに選択すると、ティグアンやゴルフと違い、アウディのようにナビ画面が大きくワイドに表示されますので、ナビの画面はとっても見やすいです。ただ速度計はあんまり見やすくないかなぁという印象でした。

 

さらにこのような画面にもすることができます。細かなセッティングまではできていないのですが、色々な情報を表示すると楽しいかもしれないですね。オーディオの情報も表示できているのはちょっとうらやましいです。ただ、見やすいかというと慣れが必要かもしれないですね^^;

 

走り終わってエンジンを停止するとこのような画面になります。走行距離、平均速度、総時間、平均燃費、現在時刻、日付などが一同に集うのでこれは良いですね!

 

試乗した感想

 

今回、このポロRラインで、新開発の1.5L TSI EVOエンジンを初めて体験しました。もともとポロは1.0LのTSIエンジン+7速DSGで、JC08モード19,1km/lという走行性能を持っいた車なのですが、本国で開発された1.5L TSI EVOエンジンをこのRラインで国内初導入しました。

エンジン自体は、1.5Lで150PS、1500rpmで250Nmを発生するパワフルで燃費の良いEvoエンジンです。燃費は、JCBカード08モートで17.8km/lと1.0Lエンジンにはさすがに及ばないのですが、+0.5Lの恩恵は街乗りから高速などいたるところで感じられると思います。

さらにドライビングプロファイルに加えて、電子制御式ディファレンシャルロックXDSやスポーツサスペンションも装着されているので、ノーマル、エコ、スポーツ、カスタムと選んだモードでお好みのドライビングスタイルを得ることができるのです!

試乗自体は15分程度だったのと、僕は自動車評論家ではないので難しい話はできないのですが、

 

1.5L TSI EVOエンジン良いっすよー!

トルクもあるし、パワーもあるし、乗っていてとても楽しいです。スポーツにするとDSGもスポーツモードになるし、マニュアルモードも選べるのでエンジンもブンブンと回せるし、楽しく走ることができます。

まぁとはいえ、FFなのでフロントががんばってるなー感は強いのですが、このボディサイズとこのエンジンがあれば、どこに行っても楽しめる車になりますね。

足回りは、さすがにスポーツにするとコトコトコトコトと少し硬い印象がありました。とはいえ、僕が持ってるコペンに比べればマイルドな硬さです。コンフォートやノーマルにすれば、そこまでは気にならないレベル、いわゆるドイツ車の足の硬さという感じなので、気持ちい乗り心地と言えるでしょう。

試乗車なのでまだ88kmしか走っていないエンジンですから、慣らしもまだなので、これが1000kmとか乗ってエンジンの慣らしも終われば、もっとマイルドでかつパワフル、静かで燃費の良いEVOエンジンを楽しめるのではないかと思います。

 

この1.5L TSI EVOエンジンは、おそらくこれから別の車種にも展開されると思います。

例えば、1.4TSIエンジンを積む、ゴルフ、パサート、ティグアン、トゥーランあたりはMQBモジュールなのでどこかのMYから続々と変わっていくことでしょう。ティグアンに1.5EVOエンジン積まれたらちょっと気になりますが、2.0TDIが最高にお気に入りなので乗り換えはしません^^;

 

国内の多くのディーラーに展示車両や試乗車が配備されていると思いますので、フォルクスワーゲン乗りの方はぜひ新しい1.5TSI EVOエンジンを試乗してみてください!\(^o^)/

 

フォルクスワーゲン乗りはぜひフォローを!