【試乗】フォルクスワーゲン 新型 ポロを見てきました!

Car

全国のフォルクスワーゲンファンの皆様、こんにちは。けんころです。

自分がどんな車に乗っていようと、新しい車とかを色々とチェックしていますが、最近ではメルセデスの新型Aクラスのデキがとても良さそうですよね。まだ日本では発表されていませんが、東名高速あたりでは国内テストも進んでいるという話もありますし、ヘイ!メルセデス!の日本語対応が整えば、国内デビューも近いんでしょうね。

新型Aクラスと比較したらサイズ的にはライバル、価格的にはライバルじゃない・・・けれども、そして若干、今更感がありますが、、、、、

遅ればせながら、フォルクスワーゲンの新型ポロを見てきました!&試乗してきました!!!

 

もちろんお世話になったのはいつものフォルクスワーゲン相模原橋本店の敏腕営業N氏です。

 

フォルクスワーゲン新型ポロ!いってみましょう!

というわけで早速ですが新型ポロいってみましょう!

ドドーーーン!

 

うん。ぱっと見た感じゴルフです。ナンバーにポロって書いてあるから分かるものの、新型ゴルフと言われても、「へぇそうなんだ」と言ってしまいそうなほどですが、新型ポロです。グレードはTSI Comfortlineです。

ボンネットのエッジの効いたプレスラインをみても、旧型ポロに比べると新しいゴルフやパサートなどに通じる次世代のフォルクスワーゲンのデザインですよね。

 

続いて斜めからもう一枚。

この角度から見るとゴルフに比べるとすこーしコンパクトに見えますね。リアドアの後ろのピラーの長さが短いでギュッとコンパクトに見えます。

 

ゴルフと新型ポロのサイズはどのくらい違うのか?

新型ゴルフと言わんばかりの新型ポロですけれど、実際にどのくらいサイズが違うのかみてみましょう。

現行ゴルフ

全長4,265mm 全幅1,800mm 全高1,480mm ホイールベース2,635mm

新型ポロ

全長4,060mm 全幅1,750mm 全高1,450mm ホイールベース2,550mm

サイズだけみてみると、全高はほぼ一緒、全幅もほぼ一緒、全長が200mm(20cm)違うんですね。やはり先程の写真のとおり、Cピラーの長さが短い分、全長が短くなってるわけですね。ゴルフのCピラーのデザインはゴルフのアイデンティティですよね。

ここまでサイズが似たものになったのは、ゴルフ、パサート、アルテオンなどでも使われる「MQB」プラットフォームが使われたからですね。

 

さて、どんどん写真いってみましょう!

次はリアビューです。リアは旧型ポロのデザインを色濃く残していますよね。テールライトの形をみてもよくわかります。なんかパネルに僕とN氏が写り込んでますが、気にしないでください^^;

ちなみにリアハッチを開けるところは、ゴルフと一緒でフォルクスワーゲンマークをぱかっとあけて開きます。

 

展示車両のグレード、Comfortlineには185/65R16タイヤに5.5Jx15インチアルミホイールです。10本スポークですが、シルバーとブラックのコンビネーションがきれいですね。ただ洗いにくそうですね^^;

 

続いてラゲージスペースです。容量的には351L(リアシート倒すと1,125L)なので、ゴルフのラゲージスペース380L(1,270L)と比較してもそれほど差は感じられないですね。タウンユースであれば十分なサイズですが、僕みたいにゴルフに行ったりする人にとってはちょっと小さいかなぁと思ってしまいます。

 

ちなみにゴルフ7のラゲージスペースはこちら。

 

さて室内にうつりましょう。まずはドアパネルからです。ドアノブのデザイン、各種スイッチ類もこれまたゴルフとそっくりですね。コンパクトカーらしからぬしっかりとした作り込みが素晴らしいです。

 

ハンドルは他のフォルクスワーゲン車と同じです。僕が以前乗っていたゴルフ7ヴァリアントも同じハンドルでしたね。ただグレードが中間のものなので、ハンドルで操作できる音量スイッチとハンズフリー、ACCのスイッチ類がないですね。

 

メーターはデジタルメータークラスターかと思いきや、アナログメーターです。デジタルメータークラスターはすでに発表された新型ポロGTIに搭載されるようですね。

 

センターパネルには純正インフォテイメントシステム、ディスカバープロが装着されていました。このディスカバープロって、ゴルフやティグアンなど他の車種についているものとちょっと違うんですよね。音量、電源ボタンがついているし、ボタンも画面両サイドについているし。これ、ティグアンに後付できるといいのになぁ、VGJ様、そういうのってできないものでしょうか・・・。

 

さてセンターパネルを続けましょう。エアコンパネルですが、シンプルで使いやすそうです。お、よくみると下のトレイにはUSBの口が2つ見えますね。

 

グローブボックスです。ぱっと見はゴルフと一緒かな。内張りが起毛になっていないですね。

 

シフトノブは他車と一緒ですが、びっくりなのは、サイドブレーキが電子式ではなく、昔なつかしのハンドブレーキなんですね。びっくり。

エレクトロニックパーキングブレーキが装着されていないということは、オートホールド機能がないとおもいきや、ヒルホルダー機能は装着されていますので安心です。

 

小物入れは小さめです。これは仕方ないですね。ドリンクホルダーも蓋とかストッパーみたいなものはなく、簡易的ないわゆる穴ですね。

 

さて、続いてはシートです。チタンブラックのシートはフォルクスワーゲンらしいシンプルなデザインと形です。

 

リアシートはこんな感じ。

 

これはリアのドアパネル。シンプル。ゴルフだと、肘掛けの部分がファブリック素材になってますね。

 

リアからみたところ。おや、リア向けのエアコンはないんですね。まぁそれはさすがに仕方ないですね。

 

ホイールベースが旧型に比べて長くなり、室内も広くなったので、175cm程度の僕が運転席でのベスポジを作った状態でリアシートに座っても、膝前にはこぶし一個分ぐらいの余裕があります。かなり座りやすかったです!これだけスペースがあれば長時間のドライブであっても窮屈ではないので、後ろに座る人も嬉しいですよね。

 

さて、新型ポロの試乗へいってみましょう!

展示車両は真ん中のグレード、Comfortlineでしたが、試乗車は一番上のグレードであるHighlineでした!しかもボディーカラーはイメージカラーでもある、「エナジェネティックオレンジメタリック」です。

 

この色すっごい綺麗ですね〜。太陽の下で見るとすごく映える色ですし、とても目立つし、新型ポロのエッジの効いたプレスラインがきれいな影を作るので、とてもコンパクトカーとは思えないですね。かっこいい!!!

 

新型ポロは標準でDRLが点灯するようになりましたので、つけてもらいました。Wの形のDRLがいいですねぇ。

 

DRLをアップ。ポロGTIになるとこのDRLの上のシルバーラインがGTIらしい赤いラインになります。

それにしてもボンネットに走る2本のプレスラインといい、バンパーのエッジの効いた形といい、ホントいいですねぇ。

 

この角度で見るとプレスラインがすごい凝っているのがよくわかりますよね。フェンダーからドアパネルを通ってリアフェンダーまでいくラインなんか、コンパクトカー、いや、日本車ではありえないぐらいのシャキッと感がありますね。ただ、ぶつけたりしたら板金代が高そう・・・^^;

 

これまたよく見ると、窓の上にも一つのラインが走っているんですよね。それがCピラーを通ってリアテールランプまで続いてます。いやー、コンパクトカーでここまでやるのすごいなぁ。

 

この写真だとちょっとわかりにくいかもしれないですが、リアバンパーもラインがバッキバキですね。ここまでやらなくても良い気もするけれど^^;

 

Highlineに装着されるのは、195/55R16の6.5Jx16インチ。ホイールのデザインとしては先程紹介した15インチのほうがかっこいいかな。あのデザインで16インチのほうが良かったような気もしますね。

 

試乗レポ

試乗はいつもの15分程度のコースでしたが、新型ポロの良さをハッキリと感じることがデキました。MQBプラットフォームのできの良さは他の車種でも証明されていますので、あれやこれや言いませんが、車体が大きくなった分、ドシッと構えた4つのタイヤがしっかりと道路を掴むのでとても安定しています。さらには僕の乗っているティグアンやゴルフよりも軽い1,160kgですから、7速DSGと新型1.0リッターTSIエンジンがぬるぬると加速していって、とても気持ちが良かったです。やはり軽い車はいいですね。出だしが軽快だから街乗りしていても疲れないし、無駄にアクセルも踏まなくてすみますし。

1.0Lエンジンで3気筒ターボは95PSしかないですが、とても力強かったです。これで、JC08モードが19.1km/lなので、街乗りならばエアコンなしで15〜16kmぐらいかな。きっと。高速に乗っても7速DSGのおかげで20km/l以上は走るんじゃないかと思います。良い燃費ですね。

この新型ポロに試乗してみて思ったのは、「これ、絶対にGTIは面白いはず!」です。

すでに新型GTIは発表されていて、ディーラーでは試乗車や展示車も出ていると思いますので、チャンスがあればまた見に行ってきたいと思いますが、GTIは絶対に面白いと思います。

が買うかどうかと聞かれたら、買うなら新型ポロGTIですね。それ以外のグレードをメインカーにするのであれば、ゴルフ7もグレードによっては価格帯がかぶってくるので、選択が悩ましくなると思います。

とはいえ、立駐にも余裕で入りますので、日本車で行ったら、フィット、アクア、デミオあたりがライバルなんでしょうか。細かいところまで行き届いた日本車もいいですが、ぜひ一度、この新型ポロでドイツ車を体験してみてください。車の購入する悩みがきっと増えると思いますよ(^_^)

 

 

フォルクスワーゲン乗りはぜひフォローを!