フォルクスワーゲン Golf DYNAUDIO Editionを見てきました!

Car

フォルクスワーゲンのDYNAUDIOオーディオが気になっている全国のユーザーの皆様こんばんは。

 

先日、ティグアンのDYNAUDIO Editionを見に行ってきました!という記事を書きました。

 

フォルクスワーゲン好きのクルマ好き。

ティグアン DYNAUDIO Editionを見に行ってきました!Dynauidoはやっぱりいい音ですよー[…]

 

その時に一緒にいたのが、ゴルフ DYNAUDIO (ディナウディオ)Editionです!!

 

ティグアンのDYNAUDIO Editionもカッコよかったですが、ゴルフもまた良いですよ、ほんとに。

 

というわけで、早速行きます。お姿どどどーーーん!

 

あれ、このライトだけじゃよく分からないですね。ちなみにもちろんですがDYNAUDIO Editionのベース車両はゴルフ7.5になります。7.5と7の違いって、ライトのデザインだけかと思いきや、フロントフェンダーの形も微妙に変わっているんですよね。これ並べて比べないと違いが分からないくらいかもですが、7.5のほうがライトが平たくなった分、フェンダーも張り出しが増しているんですよね。0.5のマイナーチェンジでこれだけ変えてくるのもすごいと思います。

さて、話は若干それましたが、フロントフェイスはこんな感じです。写真後ろに先日ご紹介したティグアンもアルテオンも写ってますね。ティグアンのインジウムグレーメタリックも良い色ですよね〜。昔っぽく言うとガンメタという感じでしょうか。筋肉質なティグアンによく似合ってます。ちなみにゴルフDYNAUDIO Editionのボディカラーはホワイトでした。

 

リアはこんな感じです。特に目立った変更はありませんが、右テールライト下にあったTSIとかのエンブレムが、他の車種同様なくなっていますので、とてもスッキリしましたね。(そのせいでグレードとか分かりにくくなったという話もありますが・・・)

 

さて、DYNAUDIO Edition専用といったらこれ!!ヴォルケーノブラウンのレザーシートです!!

どうですか!カッコいいですよねぇ。ステキですよねぇ。ほんと、ステキ!!!!よく見るとティグアンRラインのシートのように、太ももと背中が当たる部分はアルカンターラっぽいファブリックなんですね。

 

そしてドアパネルやダッシュボードの装飾が木目になって、ゴルフらしからぬ高級感がありました。この写真だけみるとパサートのようですよね。質感が高くてとてもステキでした!

 

さて、ティグアンと違ってツイーター部分はここAピラーにあります。『DYNAUDIO』の文字とアルミフレームが高級感ありますよね!
余談ですが、ゴルフ7から登場したのこのAピラーの三角窓。めーーーーーっちゃ拭きにくいです。指にタオルを巻き付けても端っこまで届かないので、タオルを棒で突っ込んでグリグリすれば拭けるかな、という感じで、それくらい拭きにくいです(^_^;)

その分、視認性は良くなっているんですよね。

 

フロントシートもいいですが、リアシートもいい雰囲気ですねぇ〜。ステキです。

このヴォルケーノブラウンのレザーシートほんとにステキです。今まで見てきたフォルクスワーゲンのシートの中でもNo1かもしれません(僕的に)。

 

ナビはもちろん新型のDiscover Proです。うちのティグアンは一つ前のDiscover Proなので、このモデルよりも画面が小さく、ボタンもちゃんとあるタイプなんですが、試乗の際に使ってみたこの新型のほうがやっぱり使いやすいですね。ナビ自体のCPUの性能もあがっていることから、地図のスクロールとかメニューの切替とか読み込みとか、モッサリ感がかなり軽減されています。モッサリってなんか懐かしい言葉ですね。iPhoneが出始めの頃に「モッサリしてるな〜」ってよく使っていたような気がします。

ただ、個人的にはこのディスカバープロより、新型ポロのディスカバープロのほうが好きかな。音量ボタンとかもちゃんとついていますしね。

 

しかし、このドアの木目パネルも美しい・・・。なんかゴルフっぽくないですね、本当に。

 

とても気に入ってしまったヴォルケーノブラウンのナパレザーシートをもう一枚。どうですか、すごくステキじゃないですか???

 

しつこいくらいにさらにもう一枚!う〜〜〜〜ん、ステキ!

 

残念ながらゴルフ DYNAUDIO Editionの音質のチェックはできなかったのですが、ティグアンと違うのはフロントダッシュボード上のセンタースピーカーだけなので、恐らくですがそこまでの差異はないのではないかと思います。(とても音に敏感な方が聞いたら分かるのでしょうが、僕には分からないと思います)。

気になる価格ですが、ちょっとピンボケしておりますが込み込み370万円ぐらいでしょうか。

 

DYNAUDIOのオーディオがついて、17インチのアルミ、ナパレザーシートもついていてこの価格、どうでしょう。僕はとってもアリだと思います。さらにおトクだと思うのはVariantです。ゴルフとの価格差14万しかありませんので、その差で巨大なラゲッジスペースも手に入るとなれば、個人的な一押しは、

Golf Variant DYNAUDIO Editionのインジウムグレーメタリックです!

 

Golf DYNAUDIO Edition オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトが全国限定150台、インジウムグレーメタリックが同じく150台限定。

Golf Variant DYNAUTIO Editionがインジウムグレーメタリック150台限定。

 

次期ゴルフの発表時期も公開されています。ゴルフ7.5は完成度としては非常に高いので、この限定車両はすごくお買い得だと思います。

 

おーー、ゴルフいいねぇ、DYNAUDIO EDITION見積もってみようかな〜という方いらっしゃいましたら、フォルクスワーゲン相模原橋本店の敏腕営業N氏までぜひ!!!

フォルクスワーゲン乗りはぜひフォローを!