【デビュー】パサート オールトラックがデビューしました!

Car

全国のフォルクスワーゲンファンのみなさま、こんばんは。けんころ@ティグアンブラックスタイルです。

 

10月31日本日、フォルクスワーゲンジャパンからプレスリリースがありましたね!

 

 

何が来たかというと、、、、

 

 

そうです!!!

 

 

4MOTIONファンの皆様おまたせしました!

 

 

 

 

というわけで、実車をまだ見ていないので、ホームページから拝借しましたキャプチャですが。

 

気になるエンジンですが、僕も乗っているティグアンTDIと同じ、2.0LのTDIが搭載されます!

しかも、パサートTDIと同様、最高出力140kw(190PS)最大トルク400Nm(40.8kgm)に6速DSGが組み合わされます。

ティグアンよりも馬力もトルクも上なのに車重が50kg軽いので、ティグアンとほぼ同じJC08モードですが、パサートのほうが空気抵抗なども考えると、航続距離が伸びそうな気がしますね!

ちなみにティグアンは、63Lタンクでおよそ800後半〜1000km近くワンタンクで走れますので、このパサートオールトラックも同じぐらいの航続距離はありそうです。燃料もハイオクではなく軽油ですから、ランニングコストも抑えられますので、メリットはありますね!

 

グレード展開は、

パサート オールトラック TDI 4MOTION 5,099,000円
パサート オールトラック TDI 4MOTION Advance 5,699,000円

の2パターンですが、Advanceのほうには、

・ダイナミックコーナリングライト
・ダイナミックライトアシスト
・アラウンドビューカメラ
・駐車支援システムパークアシスト
・ヘッドライトウォッシャー
・デジタルクラスターメーター アクティブインフォディスプレイ
・ナパレザーシート
・パワーシート
・アダプティブシャシーコントロールDCC
・電子制御式ディファレンシャルロックXDS

などの装備が付いてきますので、60万円高いですが充分に価値はあると思います。ナパレザーシートは絶対に会ったほうが良いです!オススメ!

 

そして僕の憧れのサンルーフ、電動パノラマスライディングルーフが単体オプション151,200円で装着できるのです!

これだけでもパサートオールトラックを選ぶ価値あります(笑)

エコカー減税100%なのでこれだけでも十数万円変わってきますし、燃料が軽油だから長距離をよく走る人にはランニングコストへの影響は大きいはずです!

ちなみにこのパサートオールトラックですが、ドイツでの認証の問題で国内展開が遅れていたようですが、このタイミングで発表できたということは園に認証問題も解決できたということですね!

 

パサート、ティグアン、トゥーラン、パサートオールトラックと続いてきたクリーンディーゼルTDIの搭載ですが、次に来るのはいよいよゴルフになりそうです!

 

同じ2.0TDIが搭載されるので、パワフルで燃費も良くてという楽しいゴルフがやってきそうです!
情報が入ったらまたお知らせいたします!(^o^)

フォルクスワーゲン乗りはぜひフォローを!