フォルクスワーゲン アルテオンの色違いを見てきました!

フォルクスワーゲン アルテオンの色違いを見てきました!

全国のフォルクスワーゲンファンの皆様、こんばんは。

 

先日、『ティグアン DYNAUDIO Editonを見てきました!』の記事でも書きましたが、いつもお世話になっているフォルクスワーゲン相模原橋本店ではなく、系列店舗のフォルクスワーゲン大和店に行ってきました。

 

そしたら、

 

なんと、

 

アルテオンの色違いがいました!!!

 

 

どどどん!!!

 

 

 

おおおお、赤カッコいいじゃないですか・・・・。ちなみにこの赤、正式名称は『チリレッドメタリック』というのですが、近くで見るとメタリックが綺麗でとてもとても素敵な色です。

 

アルテオンの顔って従来のフォルクスワーゲン車とちょっと違って、デザインがフォルクスワーゲンらしくないですよね。
このチリレッドメタリックとあいまって、以前フォルクスワーゲン相模原橋本店でみた、『パイライトシルバーメタリック』とはまた違うカッコよさがあります。

 

ちなみにパイライトシルバーメタリックだとこんな感じです。これはこれでまたカッコいい色なんですよね〜。

 

 

日本に導入されているアルテオンは、Rラインしかないので、Rラインバッヂがついてます。

 

 

チリレッドメタリックのお尻もセクシ〜。アウディのエンブレム付いてたら、アウディの新型車いいね!なんて思ってしまいそうですよね。

 

 

このウインカーは流れるんですよね。ちなみ、フォルクスワーゲン車でウインカーが流れるのは、ゴルフ7.5、アルテオンだけです。ゴルフ7.5はハッチバックのリアのみ、アルテオンもリアのみ。同じ7.5のゴルフヴァリアントはLEDテールになったにも関わらずウインカーは流れません。ひどい仕打ちです(笑)

 

 

このホイールもカッコいい。タイヤサイズも245/35/20とデカイ!!

 

 

この角度もカッコいいですよね〜。なんていうか大人な車ですよね〜。

 

 

以前の記事でも紹介していますが、室内もさらっと。黒で統一された室内はとても大人で落ち着いたデザインです。ちょっとパサートに似てるのがもったいないけれど・・・。

 

 

アルテオンのリアシートはめーーーっちゃ広いですよ。特に前シートまでのスペースがとにかく広いです。メルセデスのCとかと比べたら雲泥の差があります。

 

 

エアコンのルーバーと繋がったインパネのデザインが空間の広がりを感じさせてくれます。ここが木目だともっと高級感ありそうですが、そこはあえてのシルバーカーボン柄?なんですよね。たしかにアルテオンだと木目ってイメージとちょっと違うでしょうか。

 

 

メーターはもちろんアクティブインフォディスプレイ。車種ごとの専用デザインで、たしかアルテオンのディスプレイから画面中央にうつるナビの表示を拡大縮小できたんじゃなかったかな。ちなみにティグアンはできません。ひょっとしたら春先にやってくる新型ポロならできるのかも???

 

 

電動パノラマスライディングルーフ装着車です。試乗したときにも付いてました。サンルーフってこの状態で走ると日差しがさんさんと降り注ぐので、季節によっては汗だくになりますので注意が必要です(^_^;) 試乗だけでも汗かきまくりました(^_^;)

 

 

アルテオンのアピールポイントは、このトランクの広さですね。ゴルフバッグも容易に収納できますし、家族が旅行に行くにもBBQに行くにも十分な容量を誇っています。

 

 

ゴルフRシリーズと同じ2.0Lエンジンで280馬力、4MOTIONだから悪路もバッチリ!大人4人もゆったり乗れて、荷物もたくさん積めるし、何よりも見た目がカッコいい!!良い車だと思います。

 

以前、OPENERSで記事になっていた、中村獅童さんがアルテオンで繰り広げる旅という記事みたいな旅をしてみたいですね!

 

 

 

まだ実車を見たことがない方はぜひ、ご近所の『フォルクスワーゲン相模原橋本店』へ行ってみて下さい!!

敏腕営業のN氏がお待ちしています!(^_^)

 

 

 

あ、

 

 

ちなみに気になるお値段ですが、

 

 

乗り出し600万オーバー!!

 

 

フォルクスワーゲンのフラッグシップモデルだけありますね(^_^;)

Carカテゴリの最新記事