週刊マクラーレンMP4-23組み立て〜その57

ちょっと間があきましたが、週刊マクラーレン57号「メインボディを組み立てる」いってみます!

f:id:kmfactory:20111120144947j:image:w700

 

f:id:kmfactory:20111120145317j:image:w700

・ミドルサイドポンツーンカウル(左)
・ミドルサイドポンツーンカウル(右)
・ロワーサイドポンツーンフレーム(左)
・ロワーサイドポンツーンフレーム(右)
・アッパーサイドポンツーンフレーム(左)
・アッパーサイドポンツーンフレーム(右)

 

f:id:kmfactory:20111120145446j:image:w700

まずはメインボディの組み立てから行います。組み立ててあったエンジン一式、コックピットとフロアを組み立てていきます。
f:id:kmfactory:20111120150214j:image:w700

f:id:kmfactory:20111120150424j:image:w700

 

エンジンとコックピットを合体させてからフロアに取り付け、裏面からビス十数本を使って固定します。
f:id:kmfactory:20111120152729j:image:w700
これで固定完了!

f:id:kmfactory:20111120153712j:image:w700
さらにコックピット脇にボディ外装となるパーツを接着します。こことサイドポンツーンが合体するわけですね。

 

次はサイドポンツーンの組み立てです。

f:id:kmfactory:20111120154323j:image:w700
各種サイドポンツーンのパーツを接着していきます。接着面も少なく、固定も難しいので作業には注意しましょう。

f:id:kmfactory:20111120154328j:image:w700

f:id:kmfactory:20111120162047j:image:w700
できあがったパーツをメインボディに取り付けます。サイドポンツーンの曲面を維持しつつ、ボディ側に綺麗に接着するにはちょっと手間がかかりますので注意してください。

 

f:id:kmfactory:20111120162113j:image:w700
左右のサイドポンツーンを接着したら、しっかりとマスキングテープで固定して完了です。今回の作業は難しかった・・・・。

 

〜現在までの投資額 「100,800円」〜

 

と、とうとう大台を突破しました・・・・・。

フォルクスワーゲン乗りはぜひフォローを!

週刊マクラーレンの最新記事8件