週刊マクラーレンMP4-23組み立て〜その63

週刊マクラーレン63号「メインボディにコクピットカナードなどを取り付ける」をお届けします。

 

f:id:kmfactory:20111231152356j:image:w700

 

f:id:kmfactory:20111231152531j:image:w700

・プッシュロッドカバー(左)
・プッシュロッドカバー(右)
・モノコックカバー(左)
・モノコックカバー(右)
トライアングラーフィン(左)
トライアングラーフィン(右)
・コクピットカナード(左)
・コクピットカナード(右)
・サイドミラー(左)
・サイドミラー(右)

 

f:id:kmfactory:20111231152657j:image:w700

f:id:kmfactory:20111231153012j:image:w700
まずはメインボディにプッシュロッドカバーを取り付けます。この小さな部品です。

 

f:id:kmfactory:20111231153018j:image:w700
取り付けるのはここ。メインボディの上部に空いている4つの穴の手前二つになります。

f:id:kmfactory:20111231153252j:image:w700
このパーツは接着するのではなく、両面テープを貼り、取り付けます。脱着可能なパーツなので展示する際に取り外して見せることも可能ということですね。

 

f:id:kmfactory:20111231153331j:image:w700
両面テープの余分なところをカットします。

 

f:id:kmfactory:20111231153556j:image:w700
メインボディに取り付け完了!

 

次はフィンとカナードにデカールを貼っていきます。

 

f:id:kmfactory:20111231154158j:image:w700
まずはトライアングラーフィンに貼ってみました。

 

f:id:kmfactory:20111231155408j:image:w700
トライアングラーフィンとコクピットカナードすべてに貼り終えました。はがれやすいので注意!

次はメインボディにディスプレイなどを取り付けます。

 

f:id:kmfactory:20111231155512j:image:w700
これが45号で保管したディスプレイです。コクピット内に取り付けます。シフトアップインジケーターとギアが何速に入っているかが表示されます。

 

f:id:kmfactory:20111231155942j:image:w700
分かりづらいかもしれないですが、ドライバー目線のメインボディコクピット内に接着します。

 

次はピトー管です。9号から保管していたのでずいぶんと登場するまで待ちましたね。

 

f:id:kmfactory:20111231160237j:image:w700
これがピトー管。

 

f:id:kmfactory:20111231160353j:image:w700
メインボディ先端の切り欠きにピトー管を収めて接着します。

f:id:kmfactory:20111231160615j:image:w700
お次はトップカメラです。F1の中継を見ているとドライバー目線よりちょっと上側からの車載映像がよく流れますが、それを撮影しているカメラですね。

 

f:id:kmfactory:20111231160620j:image:w700
メインボディのこの穴の部分に取り付けます。

 

f:id:kmfactory:20111231160741j:image:w700
接着完了!グラグラするのでしっかり固定しましょう。

 

次はさきほどデカールを貼ったフィンとカナードをメインボディに取り付けます。

 

f:id:kmfactory:20111231160840j:image:w700
メインボディ、フロントサスペンション近くのこの穴にフィンを取り付けます。

 

f:id:kmfactory:20111231161057j:image:w700
取り付けた状態。裏面がデカールを貼ったカーボン柄ですね。

 

f:id:kmfactory:20111231161602j:image:w700
カナードはここに取り付けます。

これで63号の作業は終了です。残すところあと2つ!!!

 

〜現在までの投資額 「111,540円」〜

フォルクスワーゲン乗りはぜひフォローを!

週刊マクラーレンの最新記事8件