ロードバイクのサドルを乗り比べてみました。

ロードバイクに乗っていて気になるところの一つっていえば、そう、サドルですよね。硬めのものやクッション性があるもの、穴があいているものなどサドル選びは難しいと思います。

僕はFELT F95、MERIDA REACTO4000、Cannondale CAAD12と3台乗っていますが、それぞれサドルは違うものが付いています。
乗っている僕は174cm、70kg弱のがっしり系の人間ということをまず前提に読んで下さい。

 

SELLE SMPエクストラ

まず、最初に購入したFELT F95には、SELLE SMPのエクストラを付けました。

このSELLE SMPエクストラはサドルとしての重量は395gとかなり重いのですが、その分、クッションの厚みがありつつ、くり抜き部分も大きいのでロードバイク初心者の方が初めて交換するサドルとしては価格もamazonで購入すれば8.000円ぐらいとリーズナブルなので、とてもオススメできます。

このサドルにしてかなり距離を走りましたが、お尻が痛くなることはほとんどありませんでした。今も愛用している逸品です。

 

リアクト4000純正

つぎにMERIAのリアクト4000ですが、このリアクトは純正のサドルのままにしています。これがなかなか良くできているなと思うサドルなんです。

このメリダ純正のサドルは形はややフィジークのように細めで薄めの穴なしモデルなんですが、僕のお尻には合っているようでして、このサドルもあまりお尻が痛くなることはありません。このあと書きますが、プロロゴのサドルに変えて走ったこともありますが、このリアクトには純正サドルがしっくりくる気がしています。短距離、長距離、山など様々なシチュエーションで乗りましたが、どの状況でもお尻が気になることはありませんでした。

ただ、純正なのであとからサドルだけ購入することはできないのが残念です。プロロゴあたりに同じような形のものがあれば試してみたいところです。

 

Fizik Arione R7

そして、キャノンデールのCAAD12ですが、これには標準でフィジークのアリオネR7というサドルがついていました。色々と他のブログでも調べてみたのですが、このアリオネR7って完成車にしか付いていないサドルだから売っていない?とか??。

確かにamazonとか色々と検索してみても、これ!というのが出てこないんですよね。

で、このフィジークのアリオネR7は残念ながら僕には合いませんでした。なんていうか薄いのもあってか硬いんですよね。プラスチックのサドルに座っているような感じでお尻に凄く硬さが伝わってくるのです。もちろん、この形とこの硬さが合うんだよね〜という方もいらっしゃると思いますので一概にダメとは言えませんが、固めのサドルの部類なんじゃないかなぁという気がします。

 

なので、プロロゴのカッパEVOパスというサドルに変えました。

なぜプロロゴかというと、僕の応援しているロードレース選手の新城幸也さんが乗っているメリダのリアクトにもプロロゴのサドルがついていたからです(単純)。もちろんプロ仕様のやつではないエントリーモデルなのでamazonで買っても9000円ぐらいとリーズナブルです。見た目もカッコいいし、安いしってことでこのEVOパスを買ってみました。

そして先日、このプロロゴのカッパEVOパスをCAAD12につけて走ってみました。

CAAD12に最初から付いているフィジークのアリオネR7に比べるとカッパEVOパスのほうがクッション性もあるので柔らかく乗り心地はいいです。ただサドル自体が少し短めなので、サドルを交換した場合はポジションをしっかりと取り直すことが大事だと思います。

CAAD12はアルミのバイクなのでフルカーボンのリアクトに比べると路面からの跳ね返りがゴツゴツとサドルを通してお尻に伝わってきますが、アリオネR7に比べるとそのゴツゴツも少し和らいでいます。

 

まとめ

ロードバイクのサドル選びって蟻地獄並にやればやるほどハマってしまい、出口が見えないなんてことをよく聞きますよね。実際に僕もいくつかの純正や社外品を買って試してみたら少しだけわかったところもありますが、サドルメーカーもたくさんありますし、値段もピンきりなので全てを試すわけにはいきません。

なので近くの自転車ショップで色々なサドルを実際に手にとって見る。硬さとか長さを確認してみるのは大事です。それからショップが主催する試乗会なんてのがあったら、そこで完成車についてくるサドルを試してみるというのも手ですよね。

もちろんショップのプロの人達に相談するもも手です。実際に自分の体を計測してフィッティングしてくれるようなものもあるらしいですしね。

ただ、自分で気になるものを買って、サドルを交換して試してみるというのもロードバイクライフの楽しみですよね。もちろん出費もしますので、合わないものを買ってしまったら後悔することもあると思います。でも今は、メルカリとかヤフオクとか手軽に中古品を売買することもできますし、合わないサドルを買ってしまったら諦めて他人に売却し、また違うサドル選びをするというのも楽しいんじゃないでしょうか。

僕も今のサドルに満足しているわけではないので、お金をためてプロロゴの違うモデルを、皆さんのレビューなどを参考にしてまた試してみたいなと思っています。

 

フォルクスワーゲン乗りはぜひフォローを!

ロードバイクの最新記事8件